日々の楽しい出来事です。

by domosanda

<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

何度もお話してきたように、輸入車は国産車とは違う発想で作られていることから、メンテナンスフリー化が遅れている部分があります。そして消耗品も多いのです。つまり国産車と比べればすごくお金がかかることは仕方がないということなの出すが、それらの手入れを荷年に一度の車検の時にと考えるから予算的にも重荷になってくることでしょう。

義務として期限のない6ヶ月夜中に花月の点検で問題点を小さなうちに発見して、ディーラーでなければできないコートの整備などはディーラーで行って、そうではない部分に関しては町の工場や購入した店で、ゆとりをもって判断をしていけば、一度に大金がかかるリスクも減らせるし、いきなり路上で止まってしまうこともないでしょう。
肝心なのは、点検と整備を分けて考えて、ディーラーではあくまでも点検だけをしてもらい、結果納得いく説明をしてもらったうえで、いつどこで手に入れるかということを、したい的に決めていくことが大切です。

もちろんすぐに直さねばいけない大問題になるトラブルは仕方がないことですが、すぐ壊れるわけではないです。トラブルの芽はそれがいつまでもつのか、診断してもらえれば、余裕を持って車を直す予算を組むことができるでしょう。それができれば、無理なく安心して快適に輸入車ライフを楽しめるはずです。
ミニクーパードライブ日記
[PR]
by domosanda | 2014-12-29 14:47